Home > エンターテイメント > スターインタビュー > キム・ハウン“『甘い人生』の、シン・ミナのような役が欲しい”

キム・ハウン“『甘い人生』の、シン・ミナのような役が欲しい”
“ニューフェース俳優”キム・ハウンは、7月に放送されたKBS月火ミニシリーズ『漢城別曲-正』で、主人公を射止めて安定した演技力をみせた。キム・ハウンは同徳女子大放送演芸課に在学中で、2004年KBS公開採用出身だ。その間、本名キム・ヒョンジンで女性用品の広告とSKテレコム修道女編、パリバゲットバレンタインデー編等を通して、清純な魅力を発散した。一気に横取りした主演だったが、キム・ハウンは暗くて沈鬱なキャラクターを真剣に演じて、新人女優飢謹に苦しめられていた、放送関係者の注目を浴びた。水拷問、冬に渓谷で洗濯、馬に乗って疾走、自分のからだほどある水桶を持って階段を上がるなど、スタッフたちに“鉄人3種競技”と表現される程苦労もしたが、キム・ハウンはナヨンのキャラクターを静かに演技し続けた。貴族の一人娘で官婢になり、そして医女にまでなる数奇な人生を…


「3キログラムやせました。史劇がダイエットに最高ということを、知りました」 特にナヨンのキャラクターは言葉がなくて沈鬱なうえに、初めはセリフもなくト書きやリアクションなどが多くて、キム・ハウンは表情演技と内面演技に力を注いだ。だがキム・ハウンは、イメージが限定されるのを望まない。溌刺として可愛くて明るい役、可愛い悪役、パームパタルもしてみたい。「映画『甘い人生』の、シン・ミナ氏のような役を演じてみたいです。表面に見えるセクシーでなく、純粋ながらもかすかに感じるパームパタルみたいな… あるいはドラマ『マイガール』の中のイ・ダヘや、日本のドラマ『のだめカンタービレ』の、のだめのようにコミカルながらも、色が強い役もいつかしてみたいです」

キム・ハウンは、まだセクシーなイメージでは見られたくはないという。“セクシー俳優は、セクシーコード過剰でないか”というのが彼女の考えだ。それよりは個性が強くて、溌刺としたキャラクターがいい。もちろん基本は“無限変身”だ。彼女はイメージが限定されていないという、俳優として幸せな長所を持ったためだ。

彼女はドラマや広告をしながらチャン・ベクチ、パク・チユン、ハン・ヘジン、広末涼子に似ていると言われるという。「その時その時違います。チャン・ベクチは好きな俳優なので、似てると言われれば光栄でしょう。チャン・ベクチは本当にきれいで、性格も良いので好きな俳優です」 キム・ハウンは、俳優として自分の容姿に点数を付けてみろという質問に「ハン・ガイン先輩やソン・ヘギョ先輩のように、人形のような凹凸がない」と、恥ずかしそうに微笑を浮かべた。

キム・ハウンは演技者と大衆の関係に対して、正確な見解を持っていた。俳優が一人でやったと思うのでなく、大衆が願うものが何かをキャッチして、その時その時に合わせて表現することが重要だというのが彼女の信念だ。「俳優は、大衆を楽しくするために存在します。大衆の要望に合わせることができる、多様な姿を見せたいです。それが私が追求していることです」 一人でいるのが好きで、一人で家の前の劇場に行って映画を楽しみ、本やドラマを見るのが好きなキム・ハウンは、自分が最も投入することができる演技が、何の理由もなく”とにかく好き”と、話す“天上演技者”だ。彼女は多様なスペクトラムの演技を、一つずつ色々なトーンで見せたいとし「人々の心を動かす俳優になりたい。おばさんになっても演技を続けたい」と、夢を明確にした。

今年中に本人の個性どおり、“溌刺とした”演技をするキム・ハウンに、ブラウン管で会うことになるだろう。