Home > エンターテイメント > スターインタビュー > イェ・ジウォン、「年下の恋人?考えてみたことないです」

イェ・ジウォン、「年下の恋人?考えてみたことないです」
イェ・ジウォンが映画『死んでもハッピー・エンディング』以来、1年ぶりに映画『あなたが眠っている間に』に出演した。今回の映画でイェ・ジウォンは、酒さえ飲めばフィルムが切れる32才の分別ないオールドミスを演じる。シチュエーションコメディ『オールドミスダイアリー』以来、現代のオールドミスの代表に立っている彼女は、『生活の発見』、『可愛いい』等の映画では、独特この上ないキャラクターを演じてきた。


「キャラクターを選ぶ基準は“かわいらしさ”」
イェ・ジウォンは出演作を選ぶ基準についてこのように語った。「私がキャラクターを選ぶ基準は“かわいらしさ”です。セクシーな役でも突飛な役でも、その中にある程度のかわいらしさがあるキャラクターに引かれます。また最初は私が平凡な役が好きだと思っていたが、私が選ぶキャラクターが、皆どちらか一方の“ピント”が合っていない人物ばかりでした」

しかし『オールドミスダイアリー』以来、「突飛なオールドミス」のキャラクターでイメージが固定している彼女に、イメージチェンジについて尋ねた。

「仕事を継続しているということ自体に感謝します。事実最近出演依頼が入ってくる作品数が少なくて、私が選んでいる状況ではありませんね。仕事を継続してこそイメージチェンジもできるのではないですか」

続いてイェ・ジウォンは、今まで演じた役柄が大きい範囲では「突飛なオールドミス」だが、内面は少しずつ違うと今回演じたユジンのキャラクターに対して説明した。

「大きい枠組みで見れば突飛なオールドミスだが、ユジンは何というか?もう少し精神年齢が幼いようです。もっと分別がないというか?それで衣装もティーンエージャーが着そうな衣装を選択しました。監督がもう少し幼く見えたら良いと注文されたので」

今まで多くの作品に出演してきた彼女だが、今回の役が最も大変だったという意外な返事を聞かせた。

「私は真剣に演技してきました。コミカルな役割も演じてみましたが、すべて真剣でした。笑わせようとわざわざ計算して演技したことはありませんでした。笑わせようとする場面なのに、私が真剣なのでそれが笑いを誘発するようです。ところで今回は監督がニセモノの演技と、真剣な演技二種類をみな注文されました。その二種類の間で綱渡りをすることが本当に大変でした。序盤で私はOKだと考えたシーンで、監督がもう一度とおっしゃって混乱したが、後半では感覚がつかめました」