Home > エンターテイメント > スターインタビュー > ジョアン「整形ですか?直す時間もないです」

ジョアン「整形ですか?直す時間もないです」
俳優ジョアンが世間で囁かれている整形疑惑に対して口を開いた。映画『キングコングを持ち上げる』の封切りを控えて行ったインタビューでジョアンは、最近整形疑惑を受けているとためらいもなく話し始めた。


映画『キングコングを持ち上げる』で体重を8kgほど増やし、やぼったい扮装とショートカットで田舎の少女ヨンジャに扮したジョアンは、撮影を終えて一ヶ月ぶりに本来の体重に戻って話題になった。体重の増量と減量で容貌が違って見え、オンライン上で「ジョアン整形説」が流れた。ジョアンは不況の映画界で、着実に映画に出演している秘訣について語り、おりしも流布している整形疑惑について語った。
「私はデビュー以後、一度も休んだことがありません。撮影がないときも、画報の撮影やインタビューの仕事がいつもありました。整形したという噂が残念なのは、まさにこの点です。直したくても直す時間がなくて整形できませんでしたが、顔が変わって整形したという疑いをかけられることです」
「ネチズンたちが、デビュー写真と今の写真を比較してデビュー当時と顔が違うと言いますが、顔が変わったのは頬の肉が落ちてメイクアップが洗練されたからです。幼いころは顔がぽっちゃりとしていましたが、顔がやせて顔立ちが違って見えるようです」

ジョアンの言葉どおり、彼女はデビュー直後から継続して作品に出演している。ドラマ『初恋』、『土地』、映画『女子高怪談3』、『お姉さんが行く』、『ムイ』、『悪い奴が良く眠る』、『キングコングを持ち上げる』など、多様な作品で演技力を披露してきた。作品ごとに違う顔、違う個性を見せるジョアンは、「正直に言って私も監督や制作担当者が、私をキャスティングする理由が気になります。熱心な態度、演技が本当に好きな様子が気に入って下さったようです」と、不況に対応する秘訣を明らかにした。

新しい映画『キングコングを持ち上げる』で、田舎の女子中の重量挙げ部の学生ヨンジャ役を演じたジョアンは、映画の感動を倍増させる率直な演技で涙を誘った。映画が公開されて好評を得ているジョアンは、喜びを隠すことができない。熱心に演じた分、それに相応しい貴重な成果を得ている。

新しい映画の封切りと共に、ジョアンは日々ドラマの撮影に没頭している。初めて挑戦する連続ドラマでどんな演技を披露するのか、演技を愛する俳優ジョアンの変身に期待する。