Home > エンターテイメント > スターインタビュー > アン・ジェヒョン「まだ全てが不足、一段階ずつ成長したい」

アン・ジェヒョン「まだ全てが不足、一段階ずつ成長したい」
ルックス、実績、富、全てを持っている皇太子ウォンホはアン・ジェヒョンという俳優と出会い、非現実的な完璧さをスクリーンで出会う経験を提供する。『ファッション王』のアン・ジェヒョンはきれいに装っているからではなく、生まれながらにしてダンディーでハイクラスに生まれついたかのような色白の美貌を思う存分誇示している。

バラエティ番組に別名“宅配マン”として登場し、“1秒シムクン(心をときめかせる)男”の存在感を誇示していたアン・ジェヒョンは、何本もない出演作にもかかわらず例の特別なビジュアルで目を引いた。“チョン・ジヒョンの弟”“チョン・ソンイの弟”という修飾語を得た『星から来たあなた』でもカッコよさで注目を集め、シックな新米警察の役を演じた『お前たちは包囲された』でも断然引き立つルックスを誇示した。

白い肌と繊細で整った目鼻立ち、高い身長と服を着た姿が魅力的でトップモデルとして脚光を浴びていたアン・ジェヒョンにとって、『ファッション王』はこの上なく似合う作品だ。たった2本のドラマ出演歴が全ての新人俳優が映画の主演でデビューしたのには、数年前からモデルアン・ジェヒョンを注視していたオ・ギファン監督のこだわりが大きな役割を果たしたのだった。

2011年からアン・ジェヒョンの可能性を高く買い注意深く見守っていたというオ・ギファン監督は、周囲の反対にもかかわらずアン・ジェヒョンを映画の主演としてキャスティングした。たった一回のミーティングだけでウォンホ役を任されたアン・ジェヒョンは「本当に運がいいと思う」と話した。

主人公ウ・ギミョン(チュウォン扮)と最後まで対立するウォンホ役を演じ、アン・ジェヒョンはモデル出身らしいハイクラスな姿を思う存分披露した。度を過ぎないながらもスマートでダンディーなスタイルを披露したアン・ジェヒョンは「映画に登場する衣装に実際の自分の服がたくさんある」と耳打ちした。

初スクリーンデビューにもかかわらず「不思議だとか照れ臭い気持ちはなかった」と意外な強心臓を見せたアン・ジェヒョンは「自分の瞳の動き一つまで全て見えるってことが分かった。今後演じる時はもっと神経を使わなきゃって思った」と話した。

モデル時代から多くのファンを従えた人気スターだったアン・ジェヒョンは、ファッションとモデル業界に対する愛情を表した。演技と共にランウェイに立つことを並行したいとし「男性モデルの寿命を延ばすのに力になりたい」と願いを伝えた。実際、自分のアクセサリーブランドをロンチングしたりもしたアン・ジェヒョンは、ファッション業界との縁を切りたくないという思いで、たゆまずブランドを運営したいと話した。

並外れたルックスのせいで幼い時から注目されていそうだという言葉に、アン・ジェヒョンは「学生時代は平凡だった。高2の頃からファッションに関心を持ち始め、職業について悩むようになりモデルになりたいと思った」と話した。

自分を大衆に知らせてくれた“チョン・ジヒョンの弟”という修飾語が有難いというアン・ジェヒョンは「国内より海外でもっと反応が熱い」とドラマの人気を実感しているそうだ。同年代の俳優らと共にした『ファッション王』の撮影は、楽しくて幸せだったとし「チュウォンという人が持つパワーと真剣さをすごく感じ学んだ」と称賛した。

あどけなく洗練されたルックスに慎重な性格を持ったアン・ジェヒョンは「まだ俳優として全てが不足している」とし「体を使うことを慣らすため、最近は舞踊を習っている」と話した。3時間以上、演技と関連したトレーニングを受けているというアン・ジェヒョンは「僕を知っている人たちには明るいエネルギーだけを与えたい。だから楽しい面だけを見せようと努力している。また今後がもっと期待される、成長している俳優と言われたい。ゆっくりでも一段階一段階きちんと成長する俳優になりたい」と抱負を明かした。