Home > エンターテイメント > スターインタビュー > デビュー15周年 BOAインタビュー「世宗文化会館で20代最後の公演を…意義深い」

デビュー15周年 BOAインタビュー「世宗文化会館で20代最後の公演を…意義深い」
「現時性」(Nowness)を共有したかった。BOAという歌手の名前はご存じかもしれないが、15年間やってきた歌、舞台をお見せしたかった。BOAが歩んできた道を現在の私の姿を通して共有したかった。」今年デビュー15周年を迎えた歌手BOA(29)が、23日午後、世宗文化会館大劇場でデビュー15周年(8月25日)記念単独コンサート「Nowness」を控え行われた記者会見で、公演タイトルについてこのように説明した。

BOAは前日、世宗文化会館大劇場の舞台に上がった。同日まで総勢6000人が今回の公演に参加した。女性アイドル歌手が、同舞台に上がるのは異例である。2000年にデビューしたBoAは、「アジアの星」と呼ばれた韓流1世代アイドルである。これまで韓国と日本を中心に活動し、『ナンバーワン』『アトランティスの少女』などのヒット曲がある。彼女は、「多くの会場で公演を行ったが、世宗文化会館は、その名前自体が大きな力を持っている」と話し、「ここで単独公演をすることになりプレッシャーを感じたが、デビュー15周年を迎えたので、まだ披露したことのない曲や既存の曲も新たに編曲して、多彩な舞台にしたいと思っている」と目を輝かせた。

韓国の数え年で三十歳、満で20代最後の年を送っているBoAは、「誕生日(11月5日)が遅いのがありがたい」と語り、「20代最後を意義深く意味のある場所で過ごすことができて光栄」だと話した。世宗文化会館の特別さについては、「この場所で公演をするということだけでも、多くの方が期待されているようだ」と明かし、「音響も良く、沢山の方が公演した大きな会場なので、スムーズな部分が多かった」と明かした。ただ「世宗文化会館は、爆竹が使えないので、3Dマッピングやレーザーなどを活用して、違う方法で会場の制約をカバーしようと思った」と伝えた。

BoAが韓国でコンサートを開くのは、2013年1月オリンピック公園内にあるオリンピックホールでの公演以来、2年7ヶ月ぶりだ。韓国で「ダンスを踊る」ダンス歌手が単独公演を開くのは、容易なことではない。「幼い頃からダンスしながら歌ってきたので、それは自然で特別なことではない。ダンス歌手として、どのような姿を見せようかと言うよりも、BoAに対して皆さんがお持ちの期待に応えようと、より華やかなダンスをテクニック的に披露できるパフォーマンスを準備した」と明かした。「(韓国の年齢で)30代になり、体がちゃんと動くか心配だったが、練習をしてみたら、まだ大丈夫だった(笑)。ダンス歌手として沢山お見せしたい」と冗談を飛ばした。『冷蔵庫をお願い』『三度の食事』出演については、「バラエティは、単純に番組のファンなので出演した。普段から好きな番組だった。多くの方が、「BOA」と言うと硬いイメージをお持ちのようだが、実はちょっとドジな部分もある。スキが多い。そのような点を今後は見ていただきたいという意味もある(笑)。良い思い出になったし、30代のスタートがすごく良い。だが、今後は体の管理をしっかりしなければと考えている(笑)。」

以前の公演ではあまり歌わなかったが、今回披露し注目を集めている曲が、BoAが2003年に発表した正規アルバム3集『アトランティス・プリンセス(Atlantis Princess)』のタイトル曲『アトランティスの少女』だ。「この曲は、私に大きな痛みを伴った曲。軽い気持ちでは取り出せなかった曲だが、15周年公演を通して、もう歌うことができるのではないかと思った。今なら淡々と歌うことができるのではないかと思い、選曲した。前日の公演で、皆さんに喜んでもらえて嬉しかった。」(実は、前日体調がかなり悪かった。)「会場入りした際、舞台に上がることができるだろうかと思うほど、体力が低下していて、すごく不安だった」と言う。「けど、実際に舞台に上がったら、観客にパワーをもらった。むしろ公演の後、元気になった」と笑った。「誰でもそうだろうが、公演が始まる前は、皆さんに満足してもらえるだろうか、喜んでもらえるだろうかと言う心配が先立つのは当たり前。そのため、すごくドキドキして緊張したが、私たちが公演に注いだ時間と労力が、大歓声で報われたようで嬉しい。」

デビュー後15年間で最も記憶に残った瞬間には、2002年を挙げた。「やはり『ナンバーワン(No.1)』で皆さんにすごく愛され、大賞をもらった年だ。その年に、日本でも成功を収めた。二番目に記憶に残る瞬間は、現在進行形。これからもっと良いことがあるんじゃないかと期待している。」

今回世宗文化会館で公演をすることになるかもしれないと言う計画を最初に会社(SMエンターテイメント)から聞いた瞬間に浮かんだ、幼い頃の記憶を振り返りながらBOAは同日の懇談会を終えた。「幼い頃に持っていた世宗文化会館に対するイメージはどのようなものだったか考えてみた。TVで(SM所属グループだった)」エイチ・オー・ティー(HOT)」の先輩たちが、世宗文化会館で公演するというニュースを見た記憶が浮かんだ。私もあのような大舞台に立つことができる人になれるだろうかと悩んだが、2015年に夢が叶って不思議だ。世宗文化会館の舞台に立つということ自体が光栄で、今後の歌手活動にも力になると思う。」今後歌手BOAという人間が、幸せに暮らして欲しいと思うと笑った。「音楽もがんばり、心も体も健康なアーティストになりたい。そしてファンと幸福感、喜び、悲しみも分かち合い、人生も分かち合えるような歌手になれたらと思う。皆さんの一友人のような歌手になりたいと思う。」

[写真=SMエンターテインメント]