Home > エンターテイメント > スターインタビュー > チュウォン「来年末入隊予定…東方神起のユンホ先輩みたいに行って来たい」

チュウォン「来年末入隊予定…東方神起のユンホ先輩みたいに行って来たい」
21日、ソウル市三清洞のカフェで映画『あいつだ』(監督ユン・ジュンヒョン、制作サンサンフィルム)の公開を前に俳優チュウォンのラウンドインタビューが行われた。この日チュウォンは新作映画についての話をはじめ、今後の軍入隊計画についても迷いなく解き放った。


1987年生まれのチュウォンは、来年末に入隊を計画している。これについて彼は「軍隊に行く時期が近づいている」と微笑みと共に口を開いた。前に“多作俳優”である自身について話していたチュウォンは「行く前に急いで演技活動をするっていう人もいるが、僕は最初からたくさんしたので、これまで通りにすると思う」明るく答えを続けた。

そう言いながらも「気にはなる」とし「悩みが多くあれこれ考える」と伝えたチュウォンは「誰もが軍隊に行くものだし、僕が行けば忘れる人も記憶している人もいると思うが、行って来てもうまくやり切る自信がある」と揺るぎなく答えた。続けて「初めからしても面白く出来そうだ」とし「まだそんな状況ではないのでよく分からないが、誰も僕のことを知らないとしてももう一度始めることが出来そうだ」と付け加えた。

最近入隊した東方神起のメンバーユンホが、頭を刈る動画を送ってきたと伝えたチュウォンは「休暇の時も電話がかかってきたし、部隊の前からも電話がかかってきた」とし「ユンホ先輩は男らしい男タイプじゃないかな。頭を刈る映像を見ると、最初は混乱した表情だったが、刈った後は気持ちが楽になったようだった。「行って来るよ。出たら連絡するよ」と言って入隊したが、僕もそうならいいな」と答えた。

休みなく映画やドラマを行き来しながら演技を繰り広げている彼は、しばしば休息のない活動でファンの心配を買ったりもした。チュウォンは「休むことが必要だと思うが、これも残り少ないように思う」とし「軍隊に行って来ればこんな風に出来ないだろう。行って来れば作品もさらに慎重にしなければならないと思う。その時は休んでも気持ちを楽にして休めそうだ」と予想した。

「塞がった壁がないから気持ちを楽にして休める」と話した彼は「今は休みがただの休みじゃない。休んでも作品を前にしているので、すごく悩むし準備もしなければならない」とし「軍隊に行って来たら、そんなことももっと楽に出来そうだ。今は休みたい気持ちが大きくないし、その時じゃないとも思う」と終えた。
一方、映画『あいつだ』はたった一人の家族である妹を失ったジャンウ(チュウォン)が、何の証拠も手がかりもなく死を予知する女性(イ・ユヨン)の協力で妹を殺害した“あいつ”を執拗に追いかける本格的ミステリースリラー。妹を失った男ジャンウ役はチュウォンが、理由もなく犯人として追いつめられる男ミン・ヤックク役はユ・ヘジンが演じる。