Home > エンターテイメント > スターインタビュー > <花咲く春が来ると>

<花咲く春が来ると>
<花咲く春が来ると>が長い撮影旅程を終えて、いよいよ春を迎えた。

また、オールドボーイのチェ・ミンシクも、彼の前作とは全然違った平安さと優しさ、または平凡な人間の素朴な姿を盛って、観客の前に立った。映画の中でチェ・ミンシクは、オールドボーイの強力さとは対照的な、少し無茶に見える「ヒョンウ」役を自然に消化したし、映画デビューを穏かなドラマで穏かに始めたチャン・シニョンは、初めてのマスコミ試写会にずいぶん緊張したようだった。韓国版< Mr. Holland's Opus !>花咲く春が来るの記者会見現場に行って見た。

Q-チャン・シニョンさんは映画初出演だったが、映画撮影しながらどうだったか…
A-(チャン・シニョン)纎細さがとても必要な役でした。初めての映画なので、たくさん緊張してぎこちない部分も多かったようです。でも、一生懸命した分だけ、よく表現できていたようです。.
Q-韓国の大スターたちと一緒にたくさん演技してきたが、どうか?
A-(イ・ジェウン)まだ不足な点が多くて、多くの先輩たちと一緒に撮影しながら、多くのことを学んでいます。

Q-製作過程は..?
A-何より天気運が良かったようだ。雪の多いシーズンには、ちょうど暴雪が降ったし、雨がたくさん必要なシーズンには、ちょうど暴雨が降った。そして、早いうちに撮影した村に降りて、村の方々と試写会をする予定だ。たくさん手助けしてくださった方々だから、一生忘れることができないだろう。

Q-「チェ・ミンシク」キャスティングは、あらかじめ念頭に置いていたことなのか?
A-気楽な気持ちで「あなたの老いていく姿が美しい」と言って、シナリオをお見せしたが、良い反応を見せてくれた。

Q-大変だった点は…
A-何より季節に合わせて取ることが一番大変だったようだ。