Home > エンターテイメント > スターインタビュー > スーパースターカム・サヨン

スーパースターカム・サヨン
秋夕の連休に穏かな実話の感動をプレゼントした「スーパースターカム・サヨン」。

一等と優勝だけがあって、二等と準優勝はない韓国社会で、ビリが作り出す感動のストーリは、人々の胸の中に多くの涙と感動を引き出すのに十分だった。成績で表現することができなかった、自分の熱情に向けて最善を尽くす、この時代のビリたちのための映画。スーパースターカム・サヨンに記者会見場で会ってみた。

Q-撮影中に大変だった点は?
A-イ・ボムス-実際のカム・サヨンさんから、純粋で黙々と働く真面目さを見て、その方の姿をよく伝えるために努力しました。
コン・ユ-私は、実際最高の野球選手であるバク・チョルスンさんを、それなりに努力して演技しましたが、何十年間運動した方々を何ヶ月の間で描き出すのは不可能だと思う。今日、初めてバク・チョルスンさんにお会いして、恥ずかしかったです。
リュ・スンス-実存なさった人物を描いたスポーツ映画です。実際の、その方々の投球フォーム一つ一つに気を使わなければならなかったです。
Q-映画を見た感じはどうか?
A-イ・ボムス-監督、出演者の皆さん、選手たちに感謝します。//コン・ユ-満足だ。バク・チョルスン選手に失礼でなければいいが。
リュ・スンス-映画終始、泣いて笑ってる姿を見ながら満足だった。しかし、パンティーだけ着て出るシーンでは、恥ずかしかったです。

Q-映画撮影をしながら、一番重点に置いたのは何なのか?
A-カム・サヨンという人物の一代記を描くというよりは、その方が夢を見て、夢を失わないというチャレンジ精神を映し出そうと思った。

Q-皆さんの野球の実力は?
A-イ・ボムス-元々右利きで、カム・サヨンさんは左手投手で、左手だけで演技しました。実際、野球するのに全く役に立たなかったです。でも、日常生活で左手をよく使うようになりました。
リュ・スンス-野球は全く出来なかった。でも、演習をたくさんして、今なら、一般人だったら僕の球を受けるのは大変だと思います。