Home > エンターテイメント > スターインタビュー > ムン・ヒジュン、『すべての芸能人は多分空白期間が怖いんだと思います』

ムン・ヒジュン、『すべての芸能人は多分空白期間が怖いんだと思います』
ムン・ヒジュン、『すべての芸能人は多分空白期間が怖いんだと思います』


軍入隊を控えているムン・ヒジュンが4thアルバム(4集)「Triple X」でファンたちの前に帰って来た。彼はカムバック舞台で「Mayfly」、「記憶という小さな村」などを歌って彼を待ってくれたファンたちと一緒に眼のふちをしっとり濡らした。

1集から3集まで音楽が皆強い音楽が主だったとしたら今度の4集アルバム「Triple X」は多様な色で叙情的な感じを加味させた。音楽的に意地を張って大変な時期を経験した彼だっただけに今度のアルバムは「今は自由です」という歌詞のように楽になった。

一方、ムン・ヒジュンは軍隊の話が出ると『すべての芸能人は多分空白期間が怖いんだと思います』と言いながら一つの前提をつけた。

そんな恐れを持ったが彼には入隊に対する明らかな意向があった。
訓練をしていて大変な時は病院の世話になるかもしれないという覚悟で再検も受けないで、静かに現役入隊を待っていたムン・ヒジュン。
しかし、こんな彼の考えと違い彼には軍入隊免除を受けたといううわさだった。

腰、肩、心臓が良くなくて長く走ることができない彼にこんなうわさは人知れない傷であると同時にまた彼をもっと強靭にさせてくれた力になった。

芸能人になるずっと以前から軍入隊は男として当たり前の手続きで国防の義務は神聖なことで、必ず履行しなければならないことということが彼の所信。
そのためだろう、空白期間に対する恐ろしさにもかかわらず彼は入隊を選択するでしょう。

『除隊後にもファンたちが僕の音楽を待ってくれることができるようにしますよ。もちろん軍隊生活が恐ろしいけれど、体の具合が悪い状況にも軍隊は行かなければならないという僕の所信は変わりはありません。』

音楽としてムン・ヒジュンを評価してくれて批判してくれと言う彼のお願いはいつのまにか2年の間作業した4集に音楽的自信感としてそっくりそのまま盛り込まれている。

楽な気持ちで音楽そのままを先に接してほしいという彼にはもうちょっと新しくて、余裕があって、暖かさが感じられる。

joynews24