Home > エンターテイメント > スターインタビュー > カン・ドンウォン、イ・ナヨン、「私たちは同じ星から来ました」

カン・ドンウォン、イ・ナヨン、「私たちは同じ星から来ました」
美しい俳優カン・ドンウォンとイ・ナヨンは、互いにとてもよく似ているので同じ星から来たのではないかと冗談を言うらしい。ヒューマンドラマ『私たちの幸せな時間』で遭遇した二人に、映画の公開前の11日午後、鍾路のフレイザー・スイーツホテルで会ってきた。


ゆっくりとした足取りで歩いて来た二人は、まるで兄と妹のようにそっくりな低い声で挨拶をした。二人がキャスティングされたというニュースを聞いた時から、有名原作へのイメージと二人の息に関して多くの話題が行き交った。イ・ナヨンは映画『私たちの幸せな時間』に出演し、いつにも増して外見に関する質問を多く受けたという。「カン・ドンウォンさんに聞きました。毎回映画に出演するたびに、いつもこのように外見のことを聞かれるのかと」カン・ドンウォンの答えは「ノー」。それもそうで、これまでイ・ナヨンとカン・ドンウォンが共演してきた俳優が一人二人であろうか?しかしおかしなことにお似合いの二人のシナジー効果は、映画の雰囲気と調和し、二人の美しい外見への理解できない相乗効果を生み出した。「なぜこのように外見の話がよく出るのか、二人で話し合ったことがあります。そうしながらただ“ナルシスト”の雰囲気で行こうということにしました」

カン・ドンウォンとイ・ナヨンが一緒にいると、彼らの雰囲気に同調してしまう。低い声、もの静かな言葉使い、感覚的な雰囲気がかもし出される。二人は互いに似ているという言葉に同意する。時々「僕らは同じ星から来たのかな?」と微笑みあうという。「ある時は向かい合って話をします、僕の目は二重が不ぞろいだけど、君もそうだね」目の形だけではなく、口数が少ないところや少しかがんで歩き方、小さい顔に長い手足まで二人はよく似ている。カン・ドンウォンは、「僕は肩が少し前かがみなのですが、イ・ナヨンさんも少しかがんで歩きます」と指摘して愉快に笑った。

映画『私たちの幸せな時間』で、深い傷を負っている自殺中毒者と死刑囚として出会ったイ・ナヨンとカン・ドンウォン。美しい俳優の感性的な演技が、観客の期待を呼び起こしている。映画への限りない愛情を持っている二人の俳優に出会ったことは、まことに幸せな時間となった。[写真=JOYNEWS]