Home > エンターテイメント > スターインタビュー > キム・テヒ、「『中天』のソファは、イエス・キリストに似ている」

キム・テヒ、「『中天』のソファは、イエス・キリストに似ている」
「神様の息子であるが人間を愛するイエスさまのように、ソファも天人にもかかわらず人を愛する気持ちで中天を守っているからだ」キム・テヒはこのような点が、ソファを演じた理由の一つだと答えた。天と人間の間、自分の命を犠牲にして人類を救済したイエスのように、ソファもやはり天界とこの世の間で自分を犠牲にして人間の魂を救おうとするという。キム・テヒは、現実にはない死後の世界を設定した中天の世界観を理解するのに、宗教的な背景が役立ったという。特に他の作品に比べ『中天』にまい進できた理由を、ソファの姿がイエスに似ていたからだと強調した。“ベルダ”という洗礼名を持っているキム・テヒは、週末ごとにミサに参列する熱心な信者である。


チョ・ドンオ監督の『中天』は、純制作費だけで100億ウォンが投入された韓国映画の大作。天人ソファと退魔武士イグァク(チョン・ウソン)が、この世とあの世の中間“中天”で、反乱を起こした怨霊たちと対決を繰りひろげる内容である。キム・テヒは中国ロケをはじめ、1年間『中天』の撮影にだけ専念し、スクリーンデビュー作に全精力を注ぎ込んできた。

キム・テヒは「この世界に足を踏み入れた以上、人々が望む日まで演技を続ける」と、今後の計画を語った。大学時代に専攻していた衣装への未練はないとも語った。一度に複数のことができない性格で、一つのことを一生けんめいにしようという気持ちで何事にも臨んでいるという。人々は浮かれた気分でクリスマスと年末年初を過ごすが、キム・テヒはそのような雰囲気をあまり気にしないという。クリスマスには教会に行って、年末年初は家族と静かに過ごし、友達と会っておしゃべりをするのが今までの年末だったという。しかし今年のクリスマスと年末は、『中天』の舞台挨拶で忙しくなりそうだと大きな瞳で明るく笑う。その笑顔の裏には、初映画『中天』への無限の愛情が込められていた。[写真=joynews]