Home > エンターテイメント > スターインタビュー

     スターインタビュー     
『美男<イケメン>バンド』のキム・ミンソク、「全ての男性の理想になりたい」
『スーパースターK』の参加者だったキム・ミンソクが役者に挑戦。ドラマ『美男<イケメン>バンド〜キミに届けるピュアビート』でかわいいルックスのソ・キョンジョン役を演じきった彼は、今回で演技の魅力にはまったそうだ。
ぺ・ドゥナの涙「選手たち、私にとっては皆リ・ブンヒだった」
映画『コリア』で北朝鮮最高の卓球選手リ・ブンヒを演じたぺ・ドゥナ。彼女は、卓球にも慣れなければならなかったが、直接会うことの出来ない実在の人物を演じなければならないという大きな課題をこなし、さらに成長した姿を見せた。
スジ「第2のシム・ウナ?光栄ですが私はスジです」
歌手業と女優業で活躍中のmiss Aのスジ。そんな彼女が300万人の観客を突破し、韓国ロマンス映画歴代興行1位に向かって走っている『建築学概論』で、スクリーンデビューを果たした。
パク・ヘイル「70代の老人の人生に魅了、抜け出せなかった」
今回、映画『ウンギョ』という作品を通じて、さらに新たなる役に挑戦した実力派俳優、パク・ヘイル。そんな彼が、明瞭には定義しがたいイ・ジョギョ役について熱弁してくれた。
キム・オクビン「別名はウクビニ、自由に生きたい」
個性溢れるイメージで映画界に独歩的な歩みを見せている女優キム・オクビンは、出演作ごとに独特なキャラクターを披露。『女高怪談』を経て『多細胞少女』『渇き(原題:コウモリ)』『高地戦』などの作品で自分だけの独特な個性を築いてきた。
パク・シヨン「映画では“真面目”・・お笑い番組では“リアクション”担当」
一人の男性の妻となった女優パク・シヨンが、2009年の『マリンボーイ』以来、3年ぶりにスクリーンに戻って来た!スクリーンでこれまで見せなかった魅惑的で幻想的な魅力を無限に発散する。
イ・ボムス「俳優にも職人精神が必要」
結婚とともに父親になったイ・ボムス、忙しいスケジュールの中でも信念とエネルギーが俳優をどれほど輝かせるのかを見せてくれる。
ハン・ガイン「ヨン・ジョンフンの魅力は温かくて優しい人柄」
これ以上ない黄金期を迎えているハン・ガイン。ドラマ『太陽を抱いた月』で高視聴率を記録、7年ぶりのスクリーン復帰作『建築学概論』では堂々の1位を記録した。
ハン・ガイン「代表作は出来たが出産は何年か後に」
これ以上ない黄金期を迎えているハン・ガイン。ドラマ『太陽を抱いた月』で高視聴率を記録、7年ぶりのスクリーン復帰作『建築学概論』では堂々の1位を記録した。
キム・スヒョン「初時代劇&初主演『太陽を抱いた月』、すごく有難い」
俳優キム・スヒョンは少年の殻を破って大人の男になり、演技の上手い子役俳優は全国民を抱いたスターとして浮上した。
キム・スヒョン、少年の殻を破り男になった
俳優キム・スヒョンは少年の殻を破って大人の男になり、演技の上手い子役俳優は全国民を抱いたスターとして浮上した。
パク・ヘジン「イ・ヨンア、こんなに小さな相手役は始めて」
新韓流スターパク・ヘジンが、本格的な韓国活動を前に慎重な感想を述べた。
キム・ミニ「『火車』、自己最高の興行作になってくれたら・・」
しなやかで静かな身のこなし、相手をじっと凝視するぼんやりした眼差し、大部分を無表情で一貫し内心が分かりずらい女優キム・ミニ。
コン・ヒョジン「私が愛されるようになった秘訣は3つ」
愛くるしい女性コン・ヒョジンという意味の愛称“コン・ブルリ”と呼ばれる女優。
ハ・ジョンウ「恋愛相談の達人、自分の恋愛は不器用」
ハ・ジョンウは母性愛をくすぐる男性的で魅力的なイメージで女性客の好感を一身に集める俳優だ。

最初  戻る   ... 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ...   最後