Home > エンターテイメント > スターインタビュー

     スターインタビュー     
コ・アラ「グローバルな美貌?海外でもナンパされました」
茶色の長い髪と小さな顔、そして顔とは違いすらりとした伸びた身長はやはりトップ女優の逸材だと思わせられた。
イ・ナヨン「結婚はまだ遠い話、恋愛する時間もない」
中性的で神秘的な美貌、青春の爽やかさでブラウン管やスクリーンで愛されている女優イ・ナヨン。
チュ・サンウク「『TEN』と共にした4ヶ月、幸せだった」
安定した演技力でドラマを率いてきた『TEN』のチーム長ヨ・ジフン役を演じた俳優チュ・サンウクがいた。
イ・ミンギ「『クィック』『不気味な恋愛』の連続興行ヒットもいいが、まだ集中する時」
“国民的年下男”のイ・ミンギがこんなに奥深かい人だったのかと思った。本を一生懸命読むという話を聞いたことはあるが、一言一言にめっきり成熟した雰囲気が感じられる。
チョ・スンウ「ヤン・ドングン&ソン・ビョンホとの共演、幸せだった」
映画『パーフェクトゲーム』で、俳優のヤン・ドングン、ソン・ビョンホと一緒に演技できて幸せだったと告白した。
シン・セギョン「俳優デビュー、後悔したことはあるが演技しているときは幸せ」
シン・セギョンが俳優としてデビューしたことを、後悔したことがあると率直に告白した。
オダギリジョー「『マイウェイ』の日韓の微妙な反応、楽しみだ」
日本のトップスターオダギリジョーが、映画『マイウェイ』に関する日韓間の微妙な視点の差と反応について楽しみだと話した。
チャン・ドンゴン「完璧男のイメージがプレッシャー大、美化された部分が大きい」
トップスターチャン・ドンゴンが自分は完全無欠な人ではないと謙遜した。
チョン・イルウ「イケメンという修飾語、思いっきり楽しみたい」
『イケメンラーメン店』で最初から計算しつくしたかのようにイケメンの魅力を発散しながら女心を揺さぶっているチョン・イルウに会った。
チャン・グンソク「男たちには非好感? 打ち勝てる」
“皆さんのペットになりたいです”
ソン・ヘギョ、「デビュー15年、30才…俳優人生、今からスタート」
「こんにちは」 俳優ソン・ヘギョがドアを開けて入ってきながら、明るい顔で挨拶した。
ソ・ジソプ「言葉より目で『愛』を語りたい」
ソ・ジソプは目つきが強烈な俳優だ。愛する人を見つめる切ない目つき、懐かしさでいっぱいナしっとりした目元、復讐に燃える怒りの目つきはどんなセリフよりも強烈に感じる。
ハン・ヒョジュ「平凡で地味? 長所にします」
今秋メロークイーンに名乗り出た出。俳優ハン・ヒョジュが秋のスクリーンを涙で濡らす。
クォン・サンウ「『痛み』に自分最高の演技を込めた」
「どんな競争作と争うかより、重要なことはこの映画の競争力です」
イ・ドンウク「第2のヒョンビン?第1のイ・ドンウクになります」
イ・ドンウクが、“気難しい傲慢男”ヒョンビンとの比較に対する正直な考えを明かした

最初  戻る   ... 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ...   最後