Home > エンターテイメント > スターインタビュー

     スターインタビュー     
『第7鉱区』ハ・ジウォン、「怪物と対決するときは私の中の弱い部分を消去した」
俳優ハ・ジウォンは目で演技する。要領よく振舞わない勤勉な演技者、自己管理に徹底した「アクションスター」程度では、ハ・ジウォンを全て表現することはできない。
キム・ジェジュン「永遠にアイドルでいたい」
キム・ジェジュンの新しい挑戦“演技”…「限界なんてない」
キム・ジェウォン「善良な顔コンプレックス?長所として克服」
キム・ジェウォンの“殺人的微笑”はデビュー10年が過ぎても有効だった。ソフトな微笑と穏やかな声はキム・ジェウォンの専売特許だ。だからだろうか。特に“善良な俳優”として記憶されるキム・ジェウォン。
コン・ヒョジン「ク・エジョンのようにスキャンダル・スランプを経験したが、克服」
最近放映終了したMBC水木ドラマ『最高の愛』で最高の人気を得たコン・ヒョジンと、アックジョンドンのカフェで会った。
ユン・ゲサン「演技と人気に対する渇望がおさまった」
映画『豊山犬』とドラマ『最高の愛』で最高の日々を送っている俳優ユン・ゲサン。
キム・ヘスク「整形−施術No、自然に歳を取りたい」
穏やかで人間美溢れる演技で“国民の母”として愛されている女優キム・ヘスクが、愛嬌溢れるキュートな母親としてまた違った姿を披露した。
キム・ミニ「私も私を説明できない」
一言では規定できない個性と魅力の持ち主であるキム・ミヒが2年振りにスクリーンにカムバックした。
チャン・ヒョク「俳優として終着駅はない。果てしなく走り続けたい」
1997年にデビューしたチャン・ヒョクは、いつしか演技人生14年目の俳優にさしかかった。反抗児的なイメージを持ったモデル役で演技デビューした子供っぽい青年は、結婚し2人の子供の父親となった。
チョン・リョウォン「4次元?表現法が人と違っているからです」
贅肉なんてどこにもないスリムなボディにほっそりした顔のチョン・リョウォンは「今年で私の歳はバスキン・ロビンス31になった」と笑った。
リュ・スンボム「コン・ヒョジン、私の人生の重心を取ってくれる」
俳優リュ・スンボムが長年の恋人コン・ヒョジンに対する深い信頼と愛情を表した。
『ミュージックバンク』のキム・ミンジ、「Secretの涙に泣き東方神起に胸はやり」
大きな瞳とはっきりした目鼻立ちのキム・ミンジ。“スターの登竜門”と呼ばれる歌謡番組『ミュージックバンク』で、数十倍の競争率の中をくぐり抜けMCとなった。
“ボクシングチャンピオン”のイ・シヨン「映画でも黄金パンチを飛ばしたい」
韓国女優初の“ボクシングチャンピオン”というタイトルを掴んだイ・シヨンが、映画でも“黄金パンチ”を飛ばしたいと抱負を語った。
ユ・インナ「30歳の遅いスタート、焦りはない」
シットコム『明日に向かってハイキック』で名前を知られ始めた女優ユ・インナ。ドラマ『シークレットガーデン』の弾けたアヨン、『真夜中のTV芸能』の奥様としてまさにこれから飛翔しようというところだ。
ヒョンビン「一目で恋に落ちたりは出来ないですよ」
ヒョンビンは11日午前、ソウル市にある新羅ホテルで、映画『晩秋』のプロモーションとしてインタビューを行い、軍入隊やベルリン映画祭への出席、俳優としての抱負など様々な考えを明かした。
女優ハン・ジミン「ファム・ファタールへ変身、変化に挑戦したかった」
明るく清純なハン・ジミンは忘れよ。女優ハン・ジミンが映画『朝鮮名探偵:トリカブトの秘密』を通じ、セクシーで強烈なファム・ファタールに変身した。

最初  戻る   ... 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ...   最後