Home > エンターテイメント > スターインタビュー

     スターインタビュー     
ハ・ジウォンにとってキル・ライムとは?険しくても愛らしいでしょ
『シークレットガーデン』で大きな人気を得ていたのが一番うれしかったというハ・ジウォンは、感謝の挨拶を伝えた。
チョン・ジェヨン「演技派というプレッシャーはないが、満足もない」
演技人生最高の瞬間を味わっている俳優チョン・ジェヨン
コン・ユ「イム・スジョンと熱愛説?彼女に申し訳なかった」
3年ぶりに甘いロマンス映画『キム・ジョンウク探し』で帰ってきたコン・ユと、ソウル市江南にあるカフェで会った。注文を済ませ向かい合って座るコン・ユからは余裕が感じられた。
『シークレットガーデン』のイ・ジョンソク、「私の名前はイ・ジョンソクです」
アジアで活躍する韓流スターオスカーに「忙しい、どっか行け」と毒舌を吐く男。言葉使いは荒いがオスカーがなくしてしまったMP3に盗作の原曲を入れてやるさりげない温かさを見せる男。イ・ジョンソクが気になる。
キム・ソヨン「安住しないでずっと走り続けます」
『検事プリンセス』のマ・ヘリ、『Dr.チャンプ』のキム・ヨンウ、そして『アテナ:戦争の女神』で再び帰ってきたキム・ソンファま。
俳優チャン・ドンゴンの道
映画「ウォリオスウェイ」に出演した俳優チャン・ドンゴンも、東洋最高の戦士'ヤン'に扮し、神技に近い剣術で、一気に相手の首を切る。だが変わった点もなくはない。
キム・ヒョンジュン、「演技に対する自信を得た」
もう“演技者”キム・ヒョンジュンという言葉がぎこちなくない。 アイドルグループSS501の認知度に頼らなくてもいいほど、演技者として確実に自分の領域を構築した。
キム・ヘス「俳優として劣等感があった」
俳優として息もつかずに走ってきて24年、キム・ヘスは10代から40歳の不惑の年まで、「トップ俳優」という修飾語で呼ばれてきた。20年が過ぎる間もキム・ヘスは特別なスランプもなく、着実に演技活動を続けてきた。
「“イケメン”俳優として残りたくない」…カン・ドンウォンの毒気
カン・ドンウォンは“イケメン”俳優というタイトルだけで限定するには惜しい俳優だ。休むことなく作品活動を続けて来た、自分だけの演技領域を持った俳優という評が、もっとよく合うようだ。
オム・ジウォン「女優人生10年…信頼を与える俳優になりたい」
俳優オム・ジウォンが一本ではなく二本の作品で観客を訪ねてきた。オム・ジウォンは4日に封切りした映画『不良男女』で観客と愉快に出会っている最中だ。
「この俳優を止めないで下さい」…水を得たコ・ス
「この俳優を止めないで下さい」…水を得たコ・ス
スエ「『深夜のFM』、演技のスペクトラムを広げた」
スエ「『深夜のFM』、演技のスペクトラムを広げた」
『パンガ?パンガ!』シン・ヒョンビン、「胸が躍る俳優になりたい」
「胸が躍る人生に憧れて俳優になろうと決心しました」
シン・ミナ、「『僕の彼女は九尾狐』でサッドエンディングを望んだ」
ハッピーエンドで放映終了したSBSドラマ『僕の彼女は九尾狐』で、あどけない子供のような九尾狐を演じて好評を博したシン・ミナが、ドラマのサッドエンディングを望んだと話した。
チュ・ウォン、「『製パン王キム・タック』はスタートであるだけ…」
「演技がおもしろいということを知りました」

最初  戻る   ... 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ...   最後