Home > エンターテイメント > スターインタビュー

     スターインタビュー     
ユジン「“前職妖精”という修飾語、きまり悪いです」
1990年代後半、歌謡界を牛耳ったガールズ・グループS.E.Sのユジン
ハ・ジョンウ、「私の演技の原動力は“人”への関心」
鳥肌が立つような殺人魔で、全国民を恐怖に陥れたハ・ジョンウが、国家代表のスキージャンプ選手で帰ってきた。
ヒョンビン、「仕事も愛も後悔しない20代を送りたい」
俳優ヒョンビンの演技が進化している。
イ・ビョンホン、ハリウッドを正面突破
映画『G.I.ジョー:戦争の序幕』で錦を飾ったイ・ビョンホンに、30日インタビューで会った。
チョン・ユミ、「食人猪との死闘、きれいに見せる余裕はありません」
白い顔と、か弱いスタイル。俳優チョン・ユミの容貌から感じられる第一印象は、そのような清純可憐な姿だった。
パク・チュンフン、「韓国映画界の生き証人、私の勲章だ」
円熟した貫禄が光る俳優パク・チュンフンが、パニック映画『海雲台』で助演を演じたことは多くのことを示唆している。
チャ・スヨン「女優のロマンを成就した」
俳優チャ・スヨンの魅力は「妙」だ。
イ・ボムス、「セクシーになったと言われると気分が良いです」
俳優イ・ボムスが変わった。鋭くなったアゴの線と伸ばした口ひげ、スリムになったスタイルなど一層若くなった。
ハ・ジウォン、興行クィーンの情熱と挑戦
韓国映画興行No.1女優 ハ・ジウォン
ジョアン「整形ですか?直す時間もないです」
俳優ジョアンが世間で囁かれている整形疑惑に対して口を開いた
キム・ガンウ、「20代のときよりさらに濃い色を出したい」
撮影後キム・ガンウが「チェ・ドウ」という名をカードに書いて、スタッフたちにワインを一本ずつをプレゼントして、みんなを恐怖に陥れた
“注目”のユン・サンヒョン、「演技への恐れ?ぴったりの服を見つけた気持ち」
「テボン」ユン・サンヒョンが、2009年上半期のテレビドラマで得た最高の収穫だ
ソン・ウソン、「時代がよくなって、俳優になりました」
ドラマ『内助の女王』で、堂々とした若奥様ウン・ソヒョンを思い浮かべて入ったカフェには、本当に小さい顔をした従順な女性ソン・ウソンがいた。画面ではスマートなモデルのような俳優という印象だったソン・ウソンは、小さくてこぢんまりとした体格だった
ポン・ジュノ監督、「『マザー』母さんが狂った」
ポン・ジュノ監督が題名で主人公がはっきりと分かる、映画『マザー』で帰ってきた
キム・オクピン「イザベル・アジャーニの狂気に学んだ」
俳優キム・オクピンが新しい評価を待っている

最初  戻る   ... 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 ...   最後