Home > エンターテイメント > スターインタビュー

     スターインタビュー     
チョン・ジェヨン、「90泊91日の野生体験、原始人になったような気分」
俳優チョン・ジェヨンが都会の真っ只中で漂流した
カン・ジファン「声のコンプレックスで声帯手術も考えた」
俳優カン・ジファンが、一時は声のコンプレックスで悩んだという
カン・ジファン「初めての商業映画で楽しく遊びました」
コミックアクション映画『7級公務員』は、カン・ジファンの初めての商業映画主演作だ
カン・ヘジョン“私の人生は感嘆詞!”
カン・ヘジョンとの出会いは、心地よい期待感と嬉しい胸のときめきを感じさせる
『花より男子』キム・ヒョンジュン、「再び歌手キム・ヒョンジュンに帰るときがきた」
「最後が近くなったのに、私が今演技をしているのかしていないのかも、よく分からないんです。少し虚しいです」
イ・ボヨン、「疑いではなく信頼感ある俳優になりたい」
いつのまにかデビュー8年目になったイ・ボヨンは、今や演技が「私の仕事」と感じるという
ク・ヘソン、「ファンの叱責でさらに成長しました」
無という教えが少し理解できたようです
パク・シヨン「初歩者切符を手に入れたので、狂ったように走ってみます」
エキゾチックな容姿が与える強い印象とは異なり、パク・シヨンはとても優しく笑いの多い女性だ
ク・ヘソン、「『花より男子』の結末、ジュンピョとジャンディのハッピーエンドを期待」
果たして『花より男子』の結末はどうなるのだろうか
パク・ヨンハ、「ワントップを務めるにはまだ不足」
「ヨンハちゃん」と呼ばれる韓流スターパク・ヨンハは、日本のファンを雲のように連れて歩く韓流スターだが、自分自身に厳格で謙虚な俳優だ。
パク・サンウク、「ソン・イルグクよりキスシーンが長かった」
1997年KBS公開採用タレント19期でデビュー、すでに俳優生活10年目を遥かに越えたパク・サンウク
チョン・ジュノ「俳優として私はまだ不足だ」
スターという言葉のように、空の星のごとく遠く輝くという意味だ。その距離が遠ければ遠いほど、光が強いほどスターに向けた大衆の欲望は一層強烈になる。
チョ・ハンソン、「今回は力を抜いておどけてみました」
俳優チョ・ハンソンが変わった。ノワールやアクション映画で強い男を演じたチョ・ハンソンは、新しい映画『甘い嘘』で軽いコミック演技に挑戦した。
ソン・ジヒョ「露出も私の選択、後悔しない」
「誰かが強要したのではありません。今も今後も後悔はしないでしょう」
率直で堂々としたパク・チニ、「悩んでも年をとらないわけではない」
「回想シーン撮影のとき、吹き出物ができてとても幸運でした」

最初  戻る   ... 21 22 23 24 25 26 27 28 29   最後