Home > エンターテイメント > スターインタビュー

     スターインタビュー     
チュ・ジンモ、悲しくて冷酷な王である
映画『霜花店』のポスターには、チュ・ジンモの横顔が映し出されている。
イ・ヨニ、「“美しい俳優”ではなく“本物の俳優”になりたい」
「今は俳優としての責任感も徐々に感じています」
パク・ポヨン、「幼く見える容姿がコンプレックスだった」
映画界に才能ある新人俳優が現われた。
シン・ミナ「頬肉が落ちて〜大人になりつつあります」
映画『武林女子大生』で会ってわずか数ヶ月。シン・ミナはその間大いに変化した。
キム・ジュヒョク、「私にできない三つのこと」
キム・ジュヒョクが新しい作品に出演すまで、2年かかった
コ・ウナ「1年間休息?つらかった分だけ成長しました」
所属会社との対立で、休息しなければならなかったコ・ウナが、1年ぶりに恐怖映画『ひとりぼっち』で帰ってくる。
ホ・ジュノ、「『神機箭』が民族主義映画?とんでもない話」
俳優ホ・ジュノが映画『神機箭』に対する感情は、誇らしさと威厳だと定義する。
イェ・ジウォン、「年下の恋人?考えてみたことないです」
イェ・ジウォンが映画『死んでもハッピー・エンディング』以来、1年ぶりに映画『あなたが眠っている間に』に出演した。
俳優ヨン・ジョンフンの『エデンの東』
苦難のトンネルを通過してまた通過したドンウク一家が、夢が叶えられたと信じたその瞬間、残酷な運命は彼らの人生に、再度緊張の波高を高める。
「4次元花美男」イ・サンウ、「愛すれば20才年の差が何の問題」
ドラマ『糟糠の妻クラブ』の「救世主」で、「フンナム」の隊列に加わりイ・サンウは、最近あちこちで30〜40代主婦層の愛情を、あふれるように受けているという。
キム・ソナ、「イメージチェンジ?急いですれば消化不良になる」
俳優として常に望むことは、良い作品に出会うこと
「悪い男」チョ・ドンヒョク、「当分悪役は演じたくない」
「しばらく悪役は演じたくありません」
キム・シナ、「新ピョン・ガンセのパートナーは、オンニョではなく私」
エキゾチックな容貌とは違い、可愛くて親近感がある新鋭キム・シナ。
『太王四神記』パク・ジョンハク、「細かい内面の演技をしてみたい」
「今後は一つの役柄に限定されず、いろいろな役柄に挑戦したいです」
ポン・テギュ、「“ピョン・ガンセ”は世界最強のキャラクター」
ポン・テギュがピョン・ガンセになって帰ってくる。シン・ハンソル監督の新『カルジギ』でポン・テギュは、青年期のピョン・ガンセを演じて、「頭をもたげた男」から「朝鮮最高の大物」として再誕生するキャラクターを演じた。

最初  戻る   ... 21 22 23 24 25 26 27 28 29   最後