Home > エンターテイメント > スターインタビュー

     スターインタビュー     
キム・イングォン、「映画『宿命』は、抑圧された男たちのファンタジー」
除隊以後『マイファーザー』、『用意周到ミスシン』、『宿命』などの作品に相次いで出演しているキム・イングォン。彼はすでに忠武路で、演技派俳優として定評がある。
チャン・グンソク、「整形?自分で見ても変わった」
2年前の姿は、私の弟を見るようですね」 チャン・グンソクが3年ぶりに日の目を見る出演作に対する、格別な思いを語った。
チャ・イェリョン、「ハングリー精神が無いと言われて、気が強くなりました』
友情出演や助演などに関係なく、良い作品に出演したいというチャ・イェリョンは、機会があればミュージカルの舞台にも挑戦してみたいと、目を輝やかせた。
ハン・チェア、「キム・アジュンのように、舞台で快感を味わいたい」
ハン・チェアは、「いつかキム・アジュンが映画『美女はつらいの』で『マリア』を歌ったように、舞台の上で快感を味わいたい」として、「歌手の舞台を見ると、ゾクッとするような喜びを感じる」と話した。
「6年ぶりにまた梢を演じた」、『サッドヴァケイション』の宮崎あおいに会う!
『ユレイカ』に続き、再び梢を演じた21才の彼女が、以前バス拉致事件の被害者であった10代の梢を、どんな気持ちで演じたのかたずねてみた
新作映画『サッド・ヴァケイション』の主演俳優オダギリジョーに会う!
後映画化が実現されず、10年が過ぎた今、世の中に出ることができた。青山真治監督の世界観にあまりにも調和した、独自の存在感を持ったオダギリジョーとのインタビュー。
キム・ミニ、「『グッバイソロ』が、私の人生を変えた」
トレンドセッターキム・ミニが演技に興味を示し始めたのはいつからだろうか。
イ・ボヨン「私の中でギャグの血がさわぐ」
「“大ウケ”に対する欲が普通ではないんです」 清純で知的なイメージの俳優イ・ボヨンが大ウケに挑戦した。
パク・ヨンウ『映画は宝島を訪ねて行く過程』
忠武路にシナリオの種が尽きたという噂にもかかわらず、最近何年かの間、着実に映画出演しているパク・ヨンウ。昨年は二編に出演して忙しい一年を送った彼が、年が変わるのが恐ろしいくらい、新しい映画を引提げて観客たちを訪ねてくる。
チョン・ジヒョン、「2年ぶりの映画で、演技の醍醐味を知った」
「手応えがあったので、大きな魚を釣らなければならないですね」 映画『デイジー』以来2年ぶりにチョン・ジヒョンが戻ってきた。
キム・ハヌル「結婚しようと思ったら、少なくとも2年はつき合わなければ」
「ハヌルハヌルハダ(柔らかく脆い)という言葉は聞きたくない」というキム・ハヌルの愛嬌混じりの不平も、多くの人々が記憶する彼女の姿はすんなりした清らかさそれ自体だ。
ソン・イェジン「離婚女の演技?執拗な好奇心のおかげでしょう」
メロー映画で抜群の演技力を見せたソン・イェジンが、映画『無防備都市』で帰って来る。
ソル・ギョング集中インタビュー「私は“ぶっつけ本番派”俳優」
「演技派?私はぶっつけ本番派だ。どんなのを演技がうまいと言うのか、どんどん分からなくなるのに演技派だなんて」
チョン・イル、「花美男じゃないでしょう」
「いや、私は花美男じゃないでしょう」このように答えても、ひょっとして非難を受けるのではないかとチョン・イルは心配が多い。
オム・ジウォン「私の人生計画に“俳優”はなかった」
オム・ジウォンが『秋へ』以来、1年ぶりに観客たちに訪ねてくる。

最初  戻る   ... 21 22 23 24 25 26 27 28 29   最後