Home > エンターテイメント > スターインタビュー

     スターインタビュー     
キム・テヒが語る、小さな噂と真実
キム・テヒ、2007年芸能界屈指のホットアイコンとして、彼女の名三文字は燦然と輝いた。
キム・ハウン“『甘い人生』の、シン・ミナのような役が欲しい”
“ニューフェース俳優”キム・ハウンは、7月に放送されたKBS月火ミニシリーズ『漢城別曲-正』で、主人公を射止めて安定した演技力をみせた。
イ・ヨニ、「『M』の初試写の後、起立拍手したかった」
2001年第2回SM青少年ベスト選抜大会で大賞を受賞して芸能界にデビューしたイ・ヨニは、ミュージックビデオで顔を広く知られた。
イ・ジュンギ「日本の女優宮崎あおいとの作業を楽しんだ」
「私から、『王の男』のイメージが消えているだろうかという心配から、もう脱出したようです」 花よりきれいな男と、一躍スターダムに上った俳優イ・ジュンギが、今は男性美を充満させている。
チョン・ジェヨン、「チャン・ジン監督でも出演料はみな貰います」
「出演料をもらわなかった作品はただ一編。人情を少し見せましたよ」 愉快な男チョン・ジェヨンが、チャン・ジン監督との長い因縁と愛情をさらけ出す。
カン・ドンウォン“神秘主義? コンセプトでない生まれつきの性格です”
スターカン・ドンウォンは喉の渇きを呼びおこす。彼を望む多くの大衆の注目と歓呼にもカン・ドンウォンは、あまり姿を表わさない。
パク・シフ、“ペ・ドゥナ-チョン・リョウォンの気さくさが似てる”
SBSドラマスペシャル『完璧なお隣さんに出会う方法』で、J建設後継者ユ・ジュンソク役で抜群の演技をしているパク・シフが、相手役ペ・ドゥナに惜しみない賛辞を送った。
チュ・ジンモ“釜山なまり、初めは外国語のようだった”
映画『愛』で方言演技に挑戦するチュ・ジンモが、初めて釜山なまりを聞いた時は、外国語を聞くようだったと語った。
『大祚榮(デチョヨン)』に出演中のチョ・インピョ“俳優と教授、全て捉える”
KBS『大祚榮(デチョヨン)』でソン・マニョン役に扮して、熱演しているチョ・インピョが「俳優と教授の2匹のウサギを捕まえる」と、自信を表わしている。
ハン・イェイン、「ウンチェと私を、半々に混ぜておきました」
2007年、真夏のテレビ劇場をコーヒーの香りで染めた、MBC月火ドラマ『コーヒープリンス1号店』。
『幻想のカップル』の狂女チョン・スヨン、浮気心発散
多様なミュージカルで驚くような振りつけの歌と演技を見せて、指折り数えられるミュージカルスターとして名前を知らせたチョン・スヨン
神秘少女、チャ・スヨン、“チョン・ジヒョン+イ・ヨンエだって?”
別名“神秘少女”あるいは“チョン・ジヒョン+イ・ヨンエ”という別名をもらって、視線を集めている新人俳優チャ・スヨンが、外見のイメージとは違い、挑発的な不倫演技を夢見ると話す。
ハン・ジミンが“好感度100パーセント”のワケ
「演技変身?少しずつ自分を発見して挑戦していきたい」。12日に公開されるホラー映画『解剖学教室』のヒロイン ハン・ジミン(25)は、殺人的なスケジュールをこなしている。
イ・チョニ、「コンユ、ジュンサン先輩、善意の闘いをしよう」
イ・チョニは思いがけず、同い年の親友コンユと、親しい先輩俳優ユ・ジュンサンと避けられない一勝負を繰りひろげる立場に立たされた。
イ・チョニ、「コンユ、ジュンサン先輩、善意の闘いをしよう」
イ・チョニは思いがけず、同い年の親友コンユと、親しい先輩俳優ユ・ジュンサンと避けられない一勝負を繰りひろげる立場に立たされた。

最初  戻る   ... 21 22 23 24 25 26 27 28 29   最後