Home > エンターテイメント > スターインタビュー

     スターインタビュー     
ファン・ジョンミン、「いい演技?7千ウォンが惜しくないと思わせたい」
「少なくとも映画のチケット代7千ウォンが、惜しくないと思わせないと」。俳優ファン・ジョンミンの口から出る言葉は、やけに真実味がある。
ビョル、「2年苦しむのが初恋への礼義」
4集タイトル曲『憎くても好き』で大人気の歌手ビョルが、「恋と別れの経験は、今まで一度だけだった」と告白した。
ソン・ヘギョ、俳優“というタイトルが欲しい
ソン・ヘギョは、2作目の映画『黄真尹』で俳優“というタイトルが得られたらうれしいと語った。
キム・ガンウ、「初めは失語症だと誤解された」
「キム・チュヒョク先輩は、初めて僕に会った時、失語症かと思ったそうです」
ユ・アイン、「アイドルスターとして生き残るのはイヤだった」
「『四捨五入』での姿を好きになってくれたファンには、申し訳ない気持ちがある」。
ヤン・ジヌ、「映画が作られる あらゆる場所に行ってみたい」
ヤン・ジヌは欲張りだ。もの静かな外見とは違い、内面は野心に満ちた目で世間を眺めている。
リュ・ドクファン、「肉+制服演技はもう終わり」
「肉演技、制服演技は、当分やめたいです」
オ・ジョンヘ「海外の監督から、ラブコールがたくさん来たがすべて拒絶」
「単発で終わってしまう海外進出は、意味がないと思い断りました」
チョン・ヘビン、「自殺の衝動、日記を見て克服する」
歌手であり俳優のチョン・ヘビンが、激しいスランプを経験したことを正直に打明けた。チョン・ヘビンは昨年の音盤活動を最後に、9ヶ月間の充電期間に入った。
tei(テイ)「同じバラード?少しずつ進化している」
『同じ枕』でバラード熱風を主導しているtei(テイ)(25、本名キム・ホギョン)は、すでに4集アルバムを出したデビュー4年目の歌手である。
パク・ヨンウ、「体がクローズアップされてプレッシャーだ」
映画『甘く、殺伐とした恋人』で、気の小さい男“ファン・テウ”を演じて観客を爆笑させたパク・ヨンウが、今度は植物人間になった妻のために全てを犠牲にする“カン刑事”という役で帰ってくる。
『大長今』のチ・ジニ、「復讐したい人がいる」
チ・ジニは断言した。復讐の方法も具体的に描写した。瞬間彼の眼差しが厳しくなった。
BIGBANG、アイドルグループじゃないなんて…
ヒップホップグループBIGBANGはアイドルではない。少なくともBIGBANGの所属社側の見解によるとそうだ。
歌手ポジションの三つの誤解
歌手ポジション(32、本名イム・ジェウク)は、ピノキオのアン・ジョンフンとユニット ポジションを結成し、93年に1集『後悔しない愛』でデビューして今年で14年目を迎える。
女優キム・ナムジュ、「自然に年をとりたい」
一児の母となり、6年ぶりにスクリーンに顔を出した女優キム・ナムジュ「顔にシワができたら、それに順応することが本当の美しさだと思う」

最初  戻る   ... 21 22 23 24 25 26 27 28 29   最後