Home > エンターテイメント > スターインタビュー

     スターインタビュー     
変身している俳優キム・ユミ
キム・ユミ、彼女は変身している。
空白期間を経てさらに深まった俳優チュ・ジャヒョン
「映画を単純に、脱ぐ役柄、脱がない役柄に区分するのはおかしいことです」2年間の空白期間を経て、久しぶりに会ったチュ・ジャヒョンは、さらに深まった内面と強烈な女性の香りを漂わす。
アイドルから本物のミュージシャンに生まれ変わるSEVEN(セブン)
15日と16日、東京国立代々木競技場の客席をぎっしりと埋め、1万2千人の観客を動員して公演を成功裡に終えたセブン。彼は1万2千個の視線の前で、公演会場四方に特設したステージの前で、彼はもう震えない。
トップスターキム・ヒソン、「私は今スイスにいます〜」
スイスのルッチェルンで、SBS水木ドラマ『スマイル・アゲイン』の海外ロケを行っているキム・ヒソンから、爽やかな映像レターが届いた。
超運の良い青年、ドラマ『宮』のチュ・ジフン
「幸運」だと思った。20歳になったばかりでモデルをしていた時も、俳優に転身した1年目も、たちどころに“トップ”という冠を勝ち取った、とてつもなく運の良い青年チュ・ジフンのことである。
過去の失敗は僕にとって貴重な経験、歌手“ブーム”
テレビでのブームの姿から、ひたすら生気溌剌とした青年を思い浮かべるならそれは間違いである。彼とよく話してみると、彼は日陰で強く育った木である。
タフな男への変身を夢見る俳優クォン・サンウ
「『野獣』より強烈なアクション映画に出演したい」
さわやかなフリージアに似たキム・ハヌル
デビュー約10年を迎えるキム・ハヌル。メロの女王から、コメディーを掛け持ちする俳優に成長した彼女の経験談は愉快だった。
『宮』のキム・ジョンフン、「成長しているという言葉が一番うれしい〜」
だから現在『宮』で、もの悲しい微笑み浮かべて主人公チェギョン(ユン・ウネ)の後ろ姿を見つめる“ユル”のキャラクターは、俳優キム・ジョンフンでなくては想像に難いのも当然である。
うれしい顔グ・ボンスン、俳優としてカムバック
久しぶりのインタビューに、グ・ボンスンは緊張していた。4年前に映画『魔法の城』の出演以来、芸能界から消えてしまったグ・ボンスン。
“幸せ”を歌いたいシンガーソングライター イサン
イサンは1集の音盤全曲をプロデュースするほどの才能あるシンガーソングライターで、デビュー前から逸材として注目されている新人歌手。
新人俳優ユン・ウネ、私は芸能人らしくない芸能人!
「私ではない私を見せることが一番難しいです」 映画『カリスマ脱出記』に続いて、MBC水木ドラマ『宮』で俳優として歩き出したばかりのユン・ウネが、芸能界に対する思いを語った。
『愛と野望』で復帰するイ・スンヨン、心境を告白
芸能人イ・スンヨンに対する大衆の視線は相変わらず厳しい。インタビューのために江南のあるカフェで会ったイ・スンヨンは、いまだにその視線を意識するように慎重に言葉を選んだ。
『黄金のリンゴ』のコ・ウナ、「クムシルをうまく演じたくて眠れませんでした」
小さくて面長の顔に、ギュッと詰まった目、鼻、口、それに170cmのすらりとした背に華奢な身体。これは、新鋭俳優コ・ウナに初めて会うと伝わってくるイメージである。
イ・ジョンジェ、「パク・ヘイルを見ていると刺激になる」
2年ぶりに大作『タイフーン』(監督:クァク・ギョンテ、制作:ジニンサフィルム)で帰ってきた美男俳優イ・ジョンジェ。

最初  戻る   ... 21 22 23 24 25 26 27 28 29   最後